有料老人ホームでのレクリエーションについて

高齢者が集うデイサービスや有料老人ホームなどの介護施設では、季節を感じてもらうことやコミュニティをとることを目的として、リハビリも兼ねたレクリエーションを行っています。

有料老人ホームに関する情報収集をサポートします。

高齢者の生活は毎日が単調で退屈してしまうことが多く、体を動かすことも億劫になってしまいがちなので、こうしたレクリエーションは大切なきっかけ作りとして必要不可欠なものになっています。

例えば、塗り絵や貼り絵などは指先を動かすことで、認知症予防にもなります。


卓上ボーリングや玉入れ、風船バレーなどは体を動かすので良い運動になりますし、盛り上がるのでコミュニケーションをはかるのに最適です。



昔の童謡などを歌うことは音楽療法にもなりますし、しりとりやオセロなども頭の運動になるのでおすすめです。


有料老人ホームでは、外部からのボランティアなどを利用したレクリエーションもあります。
ドッグセラピーや楽器演奏会、出張してそば打ちやパンの販売をしてくれるところもあります。



いつもと違ったイベントがあることで、楽しみも増えて入居者の笑顔も増えます。季節を感じられるイベントも多く、春はお花見で夏は夏祭りや花火、秋は紅葉や秋の味覚を味わったり、冬は忘年会などもあります。
以前は施設と言うと、窮屈で退屈なイメージがありましたが、最近の有料老人ホームでは、入居者が充実した生活を送ってもらえるようにと、様々なアクティビティがあるので入居を検討するなら、有料老人ホームがおすすめです。