有料老人ホームでおすすめできる制度とは

今の時代、高齢者の数はますます増えていく傾向にあります。

魅力的な有料老人ホームを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

そんな高齢者が近い将来暮らすことになる住居の中に【有料老人ホーム】があります。
今、有料老人ホームの入居を考えておられる方はご承知のとおり【介護保険給付制度】があるので利用されることをおすすめします。
有料老人ホームに入居される際に負担する料金を考えてみましょう。介護保険給付サービスを利用する場合は費用の1割もしくは2割が本人負担になるようです。

平成27年8月以降で、一定以上の所得が見込まれている方に関しては2割の負担となっているので注意してください。また介護保険の自己負担が2割というのは、別の見方をすれば本人の合計所得金額が160万円以上がひとつの目安となります。これら介護報酬額というのは、短期外泊や入院などの期間を除いて計算されています。


例えば、一つの例ですが、1割負担の方の場合、特定施設入居者の介護報酬や本人負担額は次のように計算されています。

要支援1の方の場合は本人負担額は5370円。



要支援2では9240円。

要介護1では15990円。
そして要介護5では23940円と費用はあがっていきます。さらに保険給付制度は本人が住んでおられる市町村に請求、支払いを受けることが必要となります。

負担額の負担方法には、【法定代理受領】や【償還払い】の2種類の方法があります。



その他、高額介護サービス費制度や特定施設での保険給付サービス、上乗せ・横出しサービスなどもありますので充分理解された上で、ご利用されることをおすすめします。