有料老人ホームは高齢者の健康管理や介護を行う施設

有料老人ホームは、高齢者を対象に食事の提供などの健康管理や掃除や洗濯などの日常生活の支援や入浴や排泄の介助などを行う施設です。

有料老人ホームの情報が豊富です。

入居費用は、低金額のものや高級志向の高額なものまで様々です。


入居一時金が0円の施設もあれば、数百万円や数千万円する施設もあります。


月額利用料は、10万円前後から30万円前後のものが一般的です。

他にも、医療行為を受けた場合は医療費などが必要になりますし、有料サービスや施設外のサービスを利用した場合にも別途費用が掛かります。

年齢制限は、高齢者を対象にした施設ですので60歳以上という施設が一般的です。

契約形態は、利用権方式と賃貸方式と終身賃貸方式などがあります。
利用権方式は、入居一時金を支払うことで施設で生活できるようになります。


入居者に居室の権利はありませんので、一定期間退去すると入居一時金が返還されます。



賃貸方式は、月額利用料を支払うことで施設で生活できるようになります。
終身賃貸方式は、高齢者の居住の安定確保に関する法律によって認可を受けた施設で採用されています。



入居者が生存している限り利用できます。また、入居者が死亡した場合でも配偶者などは継続して住めます。


有料老人ホームには、特定施設入居者生活介護の認定を受けていて施設のスタッフが日常生活の支援から介護サービスまで提供する要介護度が重度の方を対象にした介護付有料老人ホームと、自立している方と要支援などの要介護度が軽度な方を対象にした住宅型有料老人ホームと、自立している方を対象にした健康型有料老人ホームがあります。