有料老人ホームの主なタイプ

有料老人ホームは独特な仕組みを持つ施設です。

有料老人ホーム情報の豊富さで有名なサイトです。

住宅型・介護付きに分けて紹介していきます。有料老人ホームとは、簡単に言えば1人以上の高齢者を入居させ、食事・介護・家事援助・健康管理のいずれかのサービスを提供する施設で、老人福祉施設でないものを指します。



これは老人福祉法の第29条に細かく規定されて書かれています。

有料老人ホームの事業者は民間企業や社会福祉法人などですが、厚生労働省の管轄の下で都道府県への届け出を経て設置されています。
また有料老人ホームにはクーリングオフ制度や入居一時金の保全措置など高齢者が安心・安全に暮らせるような配慮もされています。



介護付有料の老人ホームとは特定施設入居や生活介護の指定を受けた施設で認知度の高い、いつでも介護してもらえる最後までいられる老人ホームです。

対して住宅型の老人ホームは、高齢者の身体状況が自立・要支援・要介護である程度自分で出来る方が対象で身体状況が変化すれば最後まで居続ける事は出来ません。
その為、食事などのサービスを受ける事ができますが、介護は外部サービスを頼る事となるため最後まで居続ける事は難しい特徴があります。
有料老人ホームといってもタイプによって住居型と介護付きのに分類されるので、その人にあった場所を検討していく必要があります。

また、疾患や既往歴・経済状況などから今後を予想して必要なサービスを選択していく必要があります。利用するのにあたり、法律の事など聞き慣れない言葉も沢山ありますので、まずは施設や都道府県に連絡し情報収集する事が重要です。